友達から恋人、夫婦になるまで

私たちの出会いは専門学校でした。介護の学校だったのですが教室は一緒でもAクラスとBクラスの2つに分けて実技指導などは別々に授業をしてました。彼はAクラス私はBクラスでほとんど接点もなく学生時代は会話をしたこともなく、お互い名前と顔が一致する程度の関係でした。

そのまま専門学校を卒業し1年が過ぎた頃、専門学校時代の友達と遊ぶことになりました。たまたまお互いの共通の友達だったので話したことはないけれど3人で遊ぼうかとなりその時に初めて彼と会話しました。私も彼もお互いに無口で恐いイメージがあったのですが、話してみると意気投合し惹かれ合いました。その後は二人だけで会うことも増えてつきあうことができました。

私は心配性で常に連絡を取り合わないと不安になってしまいます。世間では束縛が激しいと思われることが多いですが、彼は受け入れてくれて面倒ながらも毎日こまめに連絡をくれたり会ってくれたりしました。

付き合い始めて1年少し経った頃、一方的に別れようと言われました。彼のことが忘れられず悲しみに暮れていると1ヶ月後くらいに連絡がきました。遊ぼうから始まりやっぱりお前がいないとだめだと。嬉しくて大泣きしたのを覚えてます。

その後は順調に交際し続け、後に結婚することができました。世界中どんなに探しても私の束縛に嫌気がささないのは彼だけだと思います。ずっと一緒にいたい大切な存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です